【検証済み】水没させても壊れない「Anker SoundCore Sport」防水ポータブルスピーカー

防水ポータブルスピーカーは本当に水没させても壊れないのか?音質は変わるのか?というのを検証してみました。

 

今回使用するスピーカーは「Anker SoundCore Sport」

 

こちらのスピーカーの防水規格は「IPX7」という防水規格の中でも高レベルな保護能力で、誤って水の中に落してしまっても壊れないという優れもの。

 

お風呂で使用するスピーカーとして、この記事でも紹介しています。

っとは言ってみたものの、はたして本当に壊れないのか?購入者の方は不安でいっぱいでしょう。

 

というわけで、実際水に沈めて検証してみることに。

IPX7防水規格とは?

オーディオ機器などの防水規格について簡単に話しておきます。

この製品の防水規格は「IPX7」という保護等級になります。

 

これは「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定められていて、「IP」というのはIES(国際電気標準会議)が定める防水・防塵の保護規格のことで、「X」は防塵の試験をしていないという意味、「7」が防水等級になります。

 

スピーカーやイヤホンなど防水の機器には「IPX~」と書かれていますが、以下の表が保護程度です。

 

防水規格表

Anker SoundCore Sportの使い方

【出典元・amazon.co.jp】

簡単な使い方と付属品を見ていきましょう。

付属品

箱に入った本体
付属品

付属品は「本体」「ストラップ」「充電用ケーブル」「説明書※箱の中にあります」

 

商品パッケージの寸法「約85 x 85 x 45mm / 約230g」

 

連続再生時間「約10時間」

 

防水規格「IPX7」

表面と裏面

本体の表面
本体の裏面

大きさは男性の手のひらサイズ(女性ならちょっとはみ出すぐらい)で表面は3Wのドライバーオーディオと裏面はパッシブ型サブウーファーとなっています。

 ※パッシブ型とは?
スピーカー内部にアンプ回路が内蔵されていないスピーカーのこと。スピーカーとアンプが分裂している。

その他の詳細

本体のボタン配置図

ボタンは左から「ボリュームプラス」「ボリュームマイナス」「Bluetooth/着信応答ボタン」「電源ボタン」

 

またマイクが内蔵されているのでハンズフリーで通話ができます♪

 

ちなみに電源ボタンは長押し不要で、すぐに起動できますが、少し力がいります。電源を入れるときだけなのでデメリットは感じられないかと。


AUX INとUSB端子(蓋閉じてる状態)
AUX INとUSB端子(蓋開けてる状態)

こちらが「AUX IN」「USB」端子の開閉部になります。Bluetooth機能がないデバイスでも有線で繋ぐことができます。

 

開けるのに爪がないと苦労するぐらい頑丈に閉じられていて、パッキンも二層構造となっているため防水対策はバッチリです♪

 ※注意点
「AUX IN」と「USB」端子の内部は水に濡らさないよう注意してください。お風呂や水に濡れてしまいそうな場所では必ず蓋をするように。

本体のストラップ付ける部分

ボタンのすぐ横にストラップをつけるところがあります。

少し通りにくく爪楊枝であれこれやってたら5分ぐらいかかりました(笑)

 

紐が通ったら以下のように装着してください。

ストラップの付け方
ストラップの付け方
ストラップの付け方
ストラップの付け方完成

電源オン

本体の電源をON

電源ボタンをオンにすると本体左上が青く光ると共に起動音が鳴ります。

 

起動してすぐ点滅状態になりますが、これはBluetooth接続待ちです。スマホのBluetoothボタンを押せば簡単に接続でき、あとは聴きたい音楽をレコーダー側で操作するだけでOK♪

 

AUX IN端子があるので直接レコーダーから出力させることも可能。

充電

電池切れが近づくと再生中でもピピっとアラームがなり「青、紫」と交互に点滅、その後も普通に再生できますが、アラームの波がだんだん短くなっていきて、少々ストレスを感じるかもしれません。

 

充電端子はAndroidの充電端子と同じで、付属されてる充電ケーブルを使わなくてもスマホと同じように簡単に充電できます。(Galaxy S7 edgeで確認済み、iphoneの充電端子では不可)

Anker SoundCore Sportを水に沈めてみた結果

開封して電源オン、すぐさま水に沈める(笑)

本体を溜めた水につけてみる

っが、沈まない。

沈めても浮力があるので「浮いてくる!」

 

無理やり沈めても浮いてくる…

 

では、水浸しになり壊れたか?というと「めちゃくちゃ元気」
シャワーをかけようが、沈めようが普通に使用できます。タオルで水を拭きとれば音質の変化も特にありませんでした(さすがに水の中では聴けたものじゃない)

 

というわけで結果は

 

・水に沈まない(浮力がある)
・シャワーをかけても、水没させても壊れない。
・音質に変化はない(ただし水の中では低質)

 

でした。

 

ただここで注意点が一つ。「IPX7」という保護程度は、あくまで誤って水没させてしまっても壊れないということです。長時間水没させたままだと壊れる可能性もあるのでお気を付けください。

 

普通にお風呂で使用するだけなら問題はありませんよ♪

Anker SoundCore Sport

部屋に置いて通常の視聴はもちろんお風呂場や、キッチン、海やプールでも使用できる防水性能の高いスピーカー。水没させても壊れず浮力があるため浮いてくる。一回の充電で約10時間再生可能。

音質はどうか?

そもそもの音質はどうか?という部分をレビューします。感想は以下の通り

 

・低音が弱い。

 

・低音が弱い代わりに中高音が綺麗で価格以上の音質はある。

 

・ボリュームは部屋やお風呂で聴くだけなら十分過ぎるほど(外でもサイクリングや小規模なバーベキュー、キャンプでは十分)

 

という感じです。

 

低音が弱く、吊るして使用すると響きがなく軽い音質になってしまいます。改善策は裏面のサブウーファーを壁側に向けて立たせると音に厚みが出ていい感じになりました♪

Anker SoundCore Sportをお風呂に置いてみる

お風呂場だとよく響くので吊るして使用しても響きますが、サブウーファーを壁側に向けたほうが迫力ある音質で聴くことができます。

 

ちなみに低音が弱いと書きましたが、パワーと迫力はコンパクトながら十分あると思います。私の場合重低音が好きなので、そう感じたまでですが、これは好みの問題になるかと。けっして薄っぺらい音というわけではないのでご参考程度に。

Anker SoundCore Sportのまとめ・評価

※商品名及び画像をクリックするとamazon販売ページへアクセスします。

Anker SoundCore Sport

防水性

(5)

よほどめちゃくちゃな使い方をしない限り、お風呂場やキッチン、海やプールで使用しても水没で壊れることはありません。誤って水に落しても浮かんでくるので安心です♪
音量

(3)

屋内で聴く分には十分。というかMAXでうるさいぐらい。外だと少し物足りなさはあるものの、サイクリングや小規模なバーベキュー、キャンプでは十分使えます♪
音質

(3)

低音が弱いというマイナス点はサブウーファーを壁に向けて使用すれば改善できます。価格帯を考えると全体的な音質は良質♪音の広がりがもう少し欲しいところ。
操作性

(3.5)

ボタンの感触がちゃんと押せてるのかわかりづらく少し固い。操作方法は非常にシンプルでわかりやすいです♪
コンパクト性

(5)

手のひらサイズで持ち運びは楽ちん♪部屋用、お風呂場用、外出用など、あらゆるシーンで使用できるのは非常に便利♪
連続再生時間

(2.5)

一回の充電で約10時間再生できると表記されてますが、ボリュームMAXの場合は10時間持ちません。電池がなくなってくると知らせてくれるアラームが少々ストレスか。
全体評価

(3.6)

防水性、コンパクト性は優れています。音質重視!という人だと少し物足りないかもしれませんが、特にこだわりがなければ全体的な評価として期待値以上に満足できるかと思います。
注意点
電池が減ってくるとピコピコうるさいです。ピコピコ言うわりになかなか電池がなくならないのでストレスに感じてしまう場合も。小まめに充電することをおすすめします。
Anker SoundCore Sport

部屋に置いて通常の視聴はもちろんお風呂場や、キッチン、海やプールでも使用できる防水性能の高いスピーカー。水没させても壊れず浮力があるため浮いてくる。一回の充電で約10時間再生可能。

Anker SoundCore Sportと同じ防水規格のスピーカー紹介

UE ROLL

2台1組にすると臨場感がUP。屋外で使用してもボリュームは申し分ない。最大9時間再生可能。

JBL CHARGE3

パッシブラジエーターを内蔵し重低音を重視したスピーカー。バッテリーは大容量でスマホやタブレットの充電もできる。最大20時間再生可能。

Soundcore Mini 2

コンパクトサイズながら6Wドライバーを搭載しパワフルなサウンド。屋外でもある程度の音量は確保できる。最大15時間再生可能。

UE BOOM2

360°どの方向からでも音を届ける筒状のスピーカー。ジェスチャー機能が搭載されているため再生機器が近くになくても「再生」「停止」「スキップ」などの操作が可能。最大15時間再生可能。

JBL CLIP2

低音がよく響くパワフルサウンドなスピーカー。クリップがあるから本体をいろんな場所にセッティングしたり、自身のベルトに付けることもできる。最大8時間再生可能。

MindKoo IPX8防水

IPX7の一段階上のランク「IPX8規格」のスピーカー。継続的に水没しても内部に浸水しない規格で水の中に浸けっぱなしでも問題なし。また4色に光るLEDライトとクリップも装備。最大12時間再生可能。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう