エレキギター初心者が選ぶべきおすすめギター4選!初心者セットはNGな理由

初心者の方がまずぶち当たる壁、それが「どんなギターを選べばいいのか」

 

とりあえず初心者だから初心者セットを買えばいいか~っと思う方もいると思いますが、私はあえて安い初心者セットより、ある程度高価なギターを選んでほしいと思う。

もちろん初心者セットが絶対ダメというわけではなく、初心者セットにもメリットはあります。

今回は

「初心者セットのメリット、デメリット」

 

そして

「高価なギターのメリット、デメリット」

 

さらに

 

「初心者が選ぶべきおすすめのギター4選」もピックアップしてみたのでご参考になればと思います。

初心者セットってなに?

そもそもギターの初心者セットが何かわからない。という方もいらっしゃると思うので軽く説明しておきます。

 

エレキギターを弾くのに最低限必要なものは以下の通り

 最低限必要なもの

 

・ギター本体

 

・ギターアンプ(ギターの弾いた音を増幅させて大きな音を出すための道具)

 

・シールド(ギターとアンプを繋ぐ道具)

 

・ピック(ギターや三味線などの弦楽器を演奏するための道具)

 

・チューナー(弦を弾いたときの音程を合わせる道具)

これだけあればとりあえずエレキギターを始めることができます。

 

っで、これらがセットになってるものが「エレキギター初心者セット」ということ。通販ショップでも楽器店でも、よく見かけますね。

 

では初心者セットのメリットとデメリットを見ていきましょう。

初心者セットのメリット・デメリット

メリット

・比較的安い値段で手に入る。だいたい相場は1万5千~2万ぐらい。

 

・アンプやギターケース、クリーナーなどメンテナンスに必要なもまで全て揃ってるから何を買ったらいいのか迷わない。

 

・すぐに始められる。

デメリット

・高価なギターに比べ全体的な質は下がる。(使っている素材やギターの心臓部であるピックアップなど、その他もろもろ通常の価格で買うギターからグレードは下がる)

 

・安く手に入る分、安かったからもういいや~っと挫折しやすい。

 

・モチベが上がらない。

 


こんなところでしょうか。

 

一見初心者セットはメリットが多く選びたくなりますよね。だってギターの質なんて初心者の自分にはわからないし、挫折することを考えて始めるわけじゃないからって思うのが普通です。

 

実際に私も初めて買ったギターは、ガチガチの初心者セットでしたから。

だからこそ、最初から高価なものを買うべきだという理由も言えるわけですが、それは後ほどお話します。

 

その前に高価なギターのメリットとデメリットを先に見ておきましょう。

高価なギターのメリット・デメリット

メリット

・初心者セットに比べギターの質は格段にいい。

 

・中古でも初心者セットと同等の値段で質のいいギターが買える。

 

・一度買ってしまったら、後に引けなくなるから上達するまで挫折しにくい。(自分にプレッシャーを与えられる)

 

・一本あれば上達したとき買い替えなくてもいい。

 

・モチベは上がる。

デメリット

・値段が高い。

 

・値段が高いからといって弾きやすいは限らない。(自分に合ったものを慎重に選ばないといけない)

 

・演奏に必要なものを全て自分で揃えなくてはならない。

 


ざっくり言うとこんな感じです。

 

ここで一つ注意点。

 値段が高いからといって弾きやすいとは限らないというのは、ギターはメーカーや種類によってネックやボディの形状が違い、演奏したいジャンルによってギター選びも変わってくるので、高ければ何でも弾きやすいというのは間違いです。

初心者は高価なギターを選んだほうがいい

煙に包まれた高級感あるギター

どちらを選ぶべきかは「最初から高価なギター」を選ぶべきだと思います。

理由1(あとに引けなくして挫折防止)

ギターを始めるからには上手になりたいというのは大前提ですよね。上手になるには練習しないといけないわけですが、これが割と地味な練習だったりします。

 

プロの演奏を見て憧れたものの、その練習量と地味さに挫折してしまうケースも少なくありません。

 

ではなぜ最初から高価なギターを買うべきなのか?その最大の理由は

「買ってしまえばあとに引けない」と自分で枷をつけることがポイントです。

 

高価な買い物をしてしまった手前、やらなきゃ損しますよね。どうせお金かかってないし、と思ってしまう状態を作らないことが大事。これが挫折防止です。

 

やり続けたら上達のスピードに個人差はありますが、絶対マイナスになりません。継続することこそが上手になる最大の秘訣ではないでしょうか。

理由2(最初から高価なギターを買ったほうが余計な出費がかからない)

挫折なんて絶対しない!練習熱心だから絶対に継続できる自信がある!だから最初は初心者セットでいい!と思う方もいると思います。

 

しかし、そこまで自信があるのならわざわざ初心者セットを買う必要はないかと思います。というのも上手になったら今以上のいいギターがほしくなるのは目に見えませんか?

 

逆に初心者セットを買うお金がもったいない上に質が悪いとなればデメリットしかありません。

理由3(高価なギターでも中古なら初心者セットと変わらない金額で買える)

挫折防止と矛盾しますが、どうしても高額なギターはまだ買えない!という方は「中古で買う」です。

 

最近ではメルカリやフリマアプリ、ヤフオクなどを探せば掘り出し物はたくさん出てきます。

 

質がよく、初心者セットと変わらない中古価格で手に入るわけですから、新品の初心者セットよりこちらのほうがお得かと。

 

ただ安過ぎるものは、自分に枷がかけられないというのは注意しないといけない。

 

やはり上手くなりたかったら、ある程度のお金はかけるべきかと思います。

どれぐらいのギター(金額)を買えばいい?

赤と黄色の豚の貯金箱

初心者セットだと、だいたい1万5千~2万ぐらいあればすべて揃います。一方高価なギターはピン切ですね。
では、どれぐらいのギターを買えばいいのか?という部分を見ていきましょう。

エレキギターは10万円前後で格段に差がでる

"質のいい"エレキギターの相場はだいたい「10万円前後」とされています。

 

例えば10万円のカスタネット(実際あるのかは不明)は超高級楽器になりますが、エレキギターにとって10万円はスタートラインと言うべきでしょうか。

 

そして、10万円前後からは格段に安いギターとの差は出てきます。使ってる素材、ネックやボディー、心臓部のピックアップ、その他もろもろ何もかも安物とは違います。

 

ちなみにプロが10万円のギターを使うことはありませんが、アマチュアが趣味の範囲で満足いく音がでる最低ラインと思ってください。

中途半端なものは買うべきではない

下手に4~6万ぐらいのギターを買うより、覚悟を決めたほうがいいということです。

 

初心者セットを2万で購入したとして、練習次第でワンランク上のギターが欲しくなる時は必ず来ます。

 

そうなった場合

2万+6万円=8万円

 

どうでしょう?もうあと少しで10万ラインにのりますよね。初心者セットでもなく高価なギターでもない中途半端なギターは、やはりそれなりの音しかでません。

 

音の違いなんてわからない!別に安くてもいい!と思っていても、実際ギターに触れていくことで自然と音の違いに気付いてくると思います。

 

どうせ同じぐらいの金額をかけるなら最初から質のいい高価なギターを買っておいたほうがいいでしょう。

自分がやりたい音楽(ジャンル)を決めてギターを選ぶべき

10万前後がスタートラインと書きましたが、正直自分に合ったものを選ぶべきだと思います。それは目指したい音楽(ジャンル)で決めるといいでしょう!

 

例えばハードメタルがやりたいなら、それに合わせたデザインや音質、ネックの幅が違うものなど、さまざまです。ジャズもブルースもロックもそれぞれ違います。

 

デザインや、音の違いを比べてみて納得いくものを選ぶことも大事。

 

 10万円前後は安い買い物ではありません。それ故、選択は慎重に!ここにある情報だけじゃなく実際に楽器店に足を運んで、弾いたり、弾いてもらったり、自分の目と耳で確認してください。

初心者が選ぶべきジャンル別おすすめギター4選

初心者の方にはハードルが高い10万円クラスですが、このブランドを選んでおけば間違いはないだろうというブランドをいくつかピックアップしてみました。

わけのわからない高いブランドを選ぶより素直に有名どころで大丈夫だと思います。

 

ご紹介するのはこちらのブランド

 

・FENDER(フェンダー)

・GIBSON(ギブソン)
・PRS(ポール・リード・スミス)

 

有名どころで安定感、安心感は抜群です!そしてプロも多数愛用しているブランドラインナップ。

 

そしてギターにはそれぞれ形状やサウンドの特徴が違います。そのタイプは大まかに分けて

 

・ストラトキャスター

・テレキャスター

・レスポール

・ストラト、テレキャス、レスポール以外のSGタイプやエクスプローラータイプ

ストラトキャスタータイプ~おすすめギター

おすすめブランド:FENDER

ジャンル:オールジャンル使えます。早弾きしたい人におすすめ

【出典元・amazon.co.jp】

ストラトキャスターの特徴

軽量だから持ち回りが良いです。エレキギターのスタンダードな形で、だいたいの音楽に対応できるオールジャンルタイプ。音色はシャープで煌びやか、昔はシングルコイルタイプのピックアップが三つでしたが、最近ではハムバッカータイプのものも多くパワー不足も解消できる。ストラトキャスターのピックアップ数は(リア)(リア、センター)(センター)(センター、フロント)(フロント)の5種類でバリエーション豊富なサウンドも特徴的です。さらにハイポジション(ネックの付け根あたりの高音部分)が非常に弾きやすい仕様となっています。やりたい音楽がわからなかったらとりあえずストラトキャスターというのもアリですね。

ストラトキャスタータイプを使っているアーティスト

・エリック・クラプトン
・ジョン・フルシアンテ
・ジミ・ヘンドリクス
・スティーヴィー・レイ・ヴォーン

初心者におすすめのストラトキャスター

Fender 60s Stratocaster

エレガントなゴールドパーツが映える。シングルコイルピックアップをアルダーボディに搭載し、握り心地のいいUシェイプネックとなっている。

歪ませると鋭いジャキジャキ音でキレのあるサウンドです。そしてクリーンでは太いサウンドを味わえる。

 

ネック部分は細く握りこむスタイルの方には弾きやすく女性でも使いこなしやすいバランスのいい仕様です。

テレキャスタータイプ~おすすめギター

おすすめブランド:FENDER

ジャンル:コード弾きでジャカジャカやりたい人におすすめ(バンドのボーカルなど)

【出典元・amazon.co.jp】

テレキャスターの特徴

軽量だから持ち回りが良いです。シングルピックアップを2機搭載し、リアピックアップがブリッジに取り付けられているため、弦の振動を直で感知しストラトキャスターよりシャープなサウンドで金属的な響き。アタック感が強い音色になります。またハリのあるトーンからジャカジャカといったコード弾きに適していて、バンドのボーカルギターに需要があるタイプ。比較的古いテレキャスターの場合1弦と2弦、3弦と4弦、5弦と6弦が2弦ずつ固定されているため、オクターブチューニングは不可能ですが、最近のテレキャスターは独立サドルも多い。あえて古いタイプを使うのもロマンありますが、利便性を考えると今のモデルのほうがいいでしょう。ちなみにテレキャスターからバージョンアップした楽器がストラトキャスターで、ボディーの形状的に演奏性が高いのはストラトキャスターになります。しかしレトロなデザインを好む女性には人気が高い。

テレキャスタータイプを使ってるアーティスト

・布袋寅泰
・稲村太佑
・野田洋次郎
・清水依与吏

初心者におすすめのテレキャスター

Fender 60s Telecaster

アルダーボディとアルニコマグネット・ピックアップの組み合わせが本格的なサウンドを奏でる人気モデル。

60年代のカスタムモデルをイメージしたスペック。

音色はテレキャスター独得の乾いたようなロックなサウンドが特徴的です。

 

歪ませると少々ノイズに荒はありますが、クリーンでは包み込むような演奏ができます。

さらにボディーのバインディングは高級感を漂わせ見るものを引きつけるデザインとなっている。

レスポールタイプ~おすすめギター

おすすめブランド:GIBSON
ジャンル:ハードロック、メタル、パンクバンドがしたい人におすすめ

【出典元・amazon.co.jp】

レスポールの特徴

重量があります。図太くパワフルロックな深い歪みサウンドが特徴。ストラトとの最大の違いはピックアップ。ハムバッカーピックアップを2機搭載し、シングルコイルに比べノイズが少ないのでハードロックに向いている。ピックアップ数は(リア)(リア、フロント)(フロント)の3種類でサウンドバリエーションはストラトのほうが多い。しかしピックアップセレクターという鳴らすポジションを選択できるスイッチがついていて「フロントピックアップのみ」「両方鳴らす」「リアピックアップのみ鳴らす」と選択できフロントのみは太いトーン、両方は中音域、リアのみは太さを保ちながら鋭い切れ味です。ネックはストラトよりも太めのネックが特徴的ですね。今は亡きギタリストのレス・ポール氏のアーティストモデルで公式にレスポールという名は、GIBSONと子会社のエピフォンのみになります。

レスポールタイプを使ってる有名なアーティスト

・松本孝弘
・奥田民生
・ジミー・ペイジ
・マーティー・フリードマン

初心者におすすめのレスポール

Gibson Les Paul Tribute 2018

入門モデルとしても確立されたモデル「レスポール・トリビュート」低価格ながらも王道ギブソンサウンドを響かせることができる。

GIBSONの中でも比較的リーズナブルで値段相応のサウンドを堪能できる。

うん十万するようなGIBSONレスポールの中から10万前後で尚且つ質のいいものをピックアップしてみました。

 

ネックのバインディングはなく、とてもシンプルなスペック。ピックアップはハムバッカータイプを搭載しヴィンテージを感じさせるデザインに「これぞ、ザ・レスポール」というサウンドも楽しめます。

 

初級~中級者の方にはおすすめの一本ではないでしょうか。

 

またレスポールについては、こちらの記事でも詳しくまとめています。ご参考ください。

デザイン重視の~おすすめギター

ブランド:ポール・リード・スミス(PRS)

ジャンル:デザイン重視で尚且つ、素直な音で弾きたい方おすすめ

【出典元・amazon.co.jp】

PRSの特徴

FENDERとGIBSONのいいところだけをごっそり取ったと称されるPRS。一生に一本でも満足するハイエンドギターと言えばPRSが作るゴージャスで美しい外見。PRS独自の塗装は非常に美しく見る角度によって表情が変わる。ポジションマークは飛翔する鳥をモチーフにしたなんともお洒落なデザイン。FENDERやGIBSONのような特徴的なサウンドはありませんが、その透き通るクリーンサウンドは、アンプやエフェクターで使用者の思うままな音色を作ることができる。個性を自分で作れるという言い方のほうがしっくりくるでしょう。しかし最大の問題点はその価格。このギターをもってるだけで、ステータスになると呼ばれるだけあって非常に高い。一生に一本というのも納得で、なかなか入手できない反面この価格がPRSのブランド力を産み出しているのもまた事実。

PRSを使ってる有名なアーティスト

・カルロス・サンタナ

・桑田佳祐

・福山雅治
・Toru ONE OK ROCK
・新藤 晴一

初心者におすすめのPRS SE

PRS SE Custom 24

初心者におすすめ。PRSの「CUSTOM24」のモデルを可能な限り再現し、低コストを実現。楽器の作りもよく、これ一本で長く使える。

PRSはざっと見て50万クラスがザラで初心者の方にはかなり厳しい価格か…っと思いきや、サンタナ氏(メキシコ出身でアメリカ合衆国のギタリスト)が創業者であるポールリードスミス氏に「学生にも手の届く価格で、PRSの品質を届けたい」と提案したのがきっかけで、SE(Student Edition)シリーズの開発が始まりました。

 

出来上がったギターは「サンタナSE」

 

価格は学生でも手の届く10万前後に抑え、コストダウンは他国で製造することで図り、だいたいのパーツはPRSオリジナル設計が採用されているため本家の美しいデザイン性やサウンド品質を十分に再現してくれている。これなら初心者の方でも予算範囲内でしょう。

PRS SE Custom 24ってどんな音?参考になる動画

ジャンル別おすすめギター早見表~まとめ

※商品名及び画像をクリックするとamazon販売ページへアクセスします。
タイプ 商品名
ストラト

Fender 60s Stratocaster

テレキャス

Fender 60s Telecaster

レスポール

Gibson Les Paul Tribute 2018 

デザイン重視

PRS SE Custom 24

エレキギターを選ぶ時のコツ~まとめ

私が初めて買ったギターは初心者セットの安物でした。次に5万円ぐらいの中途半端なギターを購入し、最終的にローンを組まないと買えないほどのものを購入していました。

 

初心者セットと、5万ぐらいのギターにかけたお金がもったいないですね(笑)

 

初心者セットが絶対ダメというわけではありません。ただギターを触ってみたい!一生趣味として家で弾くだけ!っと完全に決めているのでしたら、むしろ初心者セットはおすすめします。

 

必要なものがすべて揃っていて、すぐに始められるというメリットもありますしね!

 

最終的にどうしたいかで決めるのは非常に大事です。友達とバンドを組む、ライブをする、プロをめざす、さまざまですが、脱初心者を目指すのでしたら初心者セットより少しハードルの高いものを選んだ方が最終的にかかる金額も安くなります。

 

間違ってほしくないのが、とにかくお金をかけろ!というわけではなく、自分がどこを目指すのか、自分に合ったものはなにか?という部分を慎重に考えてほしいと思います。

 

初心者の方でもギリギリ踏み込める金額で、尚且つ品質がいいものを紹介しましたが、実際ギターを選ぶときは楽器店などで実物を見ておくのも大事。試し弾きもできますし、弾けなかったら店員さんに弾いてもらったらいいんです♪

 

これだ!というあなたの相棒がきっと見つかると思いますよ♪

失敗しないギター選びの裏技「ギターレンタル」

スターペグミュージック ギターレンタルの公式ページのイメージ

高額なエレキギターやアコースティックギターを購入するとなると「ギター選びで失敗するのが不安・・・」「購入前に自分に合うかどうか使ってみたい!」という方も多いかと。

 

そこで、おすすめなのがギターをレンタルするという方法があります。

 

レンタルですから「自分の物にならないのはちょっと・・・」「余計に出費がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、それを上回る強力なメリットがあります。

 

ギターをレンタルするメリットは以下の4つ。

 

  • ギターを触ったことがない興味本位で始めたい人におすすめ
  • ギター選びで失敗しない
  • 家でゆっくり試し弾きできる
  • 一時的にギターが必要な時に便利

ここでは、それぞれのメリットの解説と、おすすめのギターレンタルショップを紹介したいと思います。

ギターを触ったことがない興味本位で始めたい人におすすめ

ギターレンタルは「ギターを弾いたことがない、でも興味があるからやってみたい!」という、興味本位で始めたい人におすすめです♪

 

というのも興味本位で始めた人は「なんか違った」「うまく弾けないからやめたい」「気がついたらやめていた」という理由でやめてしまうこともあり、せっかく購入したギターが無駄になってしまう可能性があります。

 

しかし、ギターレンタルなら購入するより圧倒的に安いですから、もしやめてしまっても出費を抑えることができますし、やめなくても練習用として利用できる二段構えのメリットがあります。

 

まだ初心者で、続けられるかわからない人はギターレンタルで様子を見るというのも一つの手段でしょう♪

ギター選びで失敗しない

ギター選びで失敗したくない!という人にもギターレンタルはおすすめです。

 

エレキギターの例で言うと「レスポールタイプのギターを買ったけど、自分にはストラトキャスターの方が合ってる」となればレスポールタイプのギターを買ってしまった分、無駄な出費となってしまいます。

 

しかし、ギターレンタルを利用すれば低コストで「本当に自分に合うギター」を見つけることができるメリットがあります。

家でゆっくり試し弾きできる

試し弾きなら楽器店に行けばいいのでは?と思うかもしれませんが、楽器店で試し弾きするのってハードル高くないですか?

 

ゴリゴリ弾ける店員さんの前だと緊張しますし、下手なことがバレるのが恥ずかしいという人もいるでしょう。ちなみに私は後者でした・・・(笑)

 

しかしギターレンタルなら家でゆっくり試し弾きできるので冷静にそのギターの良し悪しを判断することができます。

 

楽器店じゃなく家でゆっくり自分のペースで試し弾きしたい!という人にもおすすめですね♪

一時的にギターが必要な時に便利

例えば、結婚式で急遽ギターを弾くことになった時、ライブで急遽ギターが必要になった時など、一時的にギターが必要になった時はギターレンタルがおすすめです。

 

わざわざ購入するほどでもない時は、サクっとレンタルしてしまえば出費も抑えられますよ♪

おすすめのギターレンタル「スターペグミュージック」

ギターレンタルでおすすめなのが「スターペグミュージック」です。

 

スターペグミュージックをおすすめする主な理由
  • サイトがシンプルで探しやすい
  • 家に届けてくれる
  • ギターの交換ができる
  • アンプやシールドなどオプションレンタルもできる

おすすめする理由を具体的に見ていきましょう。

サイトがシンプルで探しやすい

スターペグミュージックのサイト内は、目的のギターが探しやすいシンプルなものとなっています。

 

検索方法は「条件を設定してギターを探す」「色・形から探す」の2種類から検索することができます。

 

「条件を設定してギターを探す」「色・形から探す」

「条件を設定してギターを探す」場合

条件を設定してギターを探す

申し込みの流れ
  1. 「条件を設定してギターを探す」をクリック
  2. 「楽器タイプ」「ブランド」「価格」「カラー」「並び替え」を選択
  3. 「条件で検索」をクリック
  4. 検索結果のギターを選び申し込む

「条件を設定してギターを探す」場合は、具体的にレンタルしたいギターを探すことができます。

「色・形から探す」場合

色・形から探す

申し込みの流れ
  1. ギターのデザインを選ぶ
  2. ギターの色を選ぶ
  3. 「選択されたギターのイメージ」がよければ申し込む

「色・形から探す」場合は、ざっくりレンタルしたいギターを探すことができます。こちらの方が簡単です♪

家に届けてくれる

注文からお受け取りまでの流れ

ネット注文ですから、通販のように家に届けてくれるので便利です♪

 

ただし、返却するときは自分で包装して送り返さないといけないので少々手間がかかるのが難点でしょう。返却ようのキットがあればいいのですが・・・。

 

なるべく手間なく返却する方法
送られてきた時の梱包材を再利用するのはOKなので、保管しておきましょう。

 

また、受け取るまでの流れが少し変わっているので覚えておきましょう。

受け取るまでの流れ
毎月6日から20日までの注文 ・次月1日までに届けられサービス開始
・サービス開始日は次月1日までに届いた場合も次月1日からの計算となる
毎月21日から次月5日までの注文 ・次月15日までに届けられサービス開始
・サービス開始日は次月15日までに届いた場合も次月15日からの計算となる

 

注文から1週間程度で発送されるので、狙い目は「毎月6日、もしくは毎月21日」に注文すれば、同じ料金で長くレンタルすることができます♪

ギターの交換ができる

レンタルしたギターに飽きてしまった時や、他のギターも試してみたい!という時は、新しいギターをレンタルして、現在レンタル中のギターを返却すればOKです♪

アンプやシールドなどオプションレンタルもできる

実はギターだけでなく、アンプやシールドもレンタルすることができます。

 

以下が、オプションレンタルのラインナップです。

 

エレキギター アコースティックギター
・ギターアンプ
・シールド
・チューナー
・ストラップ
・ギタースタンド
・ピック
・教則本
・代弦(毎月お届け)
・カポタスト
・チューナー
・ギタースタンド
・ストラップ
・教則本
・代弦(毎月お届け)

 

ギター周辺アイテムを、一切持っていない初心者の方でも何も購入せず始めることができます♪

料金について

最後に料金についてですが「1ヶ月プラン」「3ヶ月プラン」「6ヶ月プラン」があり、期間が長いプランほど月単位の価格が安くなります。

 

料金の一例を見てみましょう。

 

価格 合計
1ヶ月プラン 3,149円/月 3,149円
3ヶ月プラン 1,649円/月 4,947円
6ヶ月プラン 1,149円/月 6,894円

 

価格はギターの種類によって変わってきますが、安いものなら約7,000円ほどで、半年もレンタルできるのは嬉しいですね♪

 

ちなみにアンプやシールドといったオプションレンタルは別途料金がかかります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事